世界のサッカー アフリカ選手の特徴、魅力

アフリカ

欧州、もしくは南米。サッカーといえばこの2大陸を中心に回っていた向きはあり、それは今現在もそうなのですが、これら各国のビッグクラブでは世界中から有名選手を集めてチームを強化、その際に目立つのがアフリカ出身の選手です。

長らく暗黒大陸、未開の地といったネガティブなイメージがありましたが、サッカーの世界では1990年のワールドカップでカメルーン代表がベスト8まで勝ち進むなど、その潜在力の高さは知られており、実際アフリカ選手のスピード、フィジカルは世界最強といって差し支えないほど強靭なものがあります。

サッカーが盛んな国のリーグではアフリカ出身の選手が得点王に輝いたり大きな足跡を残したりと、個で見た場合の爆発力はおそらく最高の実力を持っているのですが、しかしそれでもカメルーンを最後にワールドカップでの大きな活躍が聞こえてこないのは、彼の地の政情が常に不安定であることも大きく関係し、その点は残念なところではあるのです。