世界有数のプロスポーツ大国のサッカーMLS

MLS

世界有数のプロスポーツ大国であるアメリカ合衆国では、1994年に開催されたFIFAワールドカップアメリカ大会をきっかけに、サッカー人気が高まり、1996年にはプロサッカーリーグのメジャーリーグサッカーMLSが開幕しました。

世界のFIFA傘下のサッカーリーグでありながらも、独自の進化を遂げ、ドラフト会議での選手の獲得による戦力の均衡化、年俸の高騰を抑えながら、チームの経営の健全化や、金銭による外国人選手の獲得よりも、国内の選手の育成に力を入れることを促進するサラリーキャップ制の導入など、プロ野球のメジャーリーグを思わせるような、独自のシステムが採用されています。

また、時間内に試合の決着が付かなかった場合は、PK合戦の代替として、ゴールキーパーとフィールドプレイヤーが1対1となり、センターサークルからドリブルをしてシュートを放つシュートアウトが行われ、割れんばかりの大歓声が上がるなど、アメリカ人好みのアレンジも施されています。

MLSの誕生によるレベルアップは確実に実を結び、1996年の開幕以降、ワールドカップはもちろん、北中米カリブ海のCONCACAFゴールドカップなどでも、好成績を収め続けています。