世界を目指すオセアニアサッカー協会OFC

OFC

OFCとは、オセアニア諸国が加盟するサッカー協会です。地政学上としてはオセアニアに含まれているオーストラリアは、元々はOFCの所属でしたが、2005年にアジアサッカー連盟AFCへの移籍を表明後、FIFAの総会で承認され、その後のワールドカップアジア予選をはじめとする勢力図を大きく塗り替えました。

当初は、強豪チームのAFCへの移籍に、オセアニアサッカー界の大幅なレベルの低下が懸念されましたが、ほぼ毎回オーストラリアがひとり勝ちとなる、お決まりの結果が良い意味で崩され、ワールドカップ予選では、アジア予選は強力なライバルが増えて厳しさが増し、より熱い戦いが展開される一方、オセアニア予選では、他のチームにとっては世界の舞台への大きなチャンスとなり、結果として、オセアニア諸国のサッカーの活性化へと繋がりました。

ワールドカップオセアニア予選では、これまで0.5枠とされ、1位通過してもプレーオフで結果を残さなければなりませんでしたが、2018年ロシア大会の予選からは、オセアニアの枠は1となり、1位通過すれば即、ワールドカップの参加資格を得られるようになります。このような情勢からも、世界のサッカー界の中のOFCは、組織としても、実力としても、その地位を高めています。