世界のサッカーでも特徴的なKリーグ

Kリーグ

世界のサッカーの中でも韓国のKリーグは非常にタフなリーグです。日本がパスとスピードを駆使したリーグなら、Kリーグはフィジカルとメンタルが重要視されたリーグです。

世界的に見ても韓国は背の高い選手が多く、ゴール前でのダイナミックで激しい競り合いが魅力です。メンタルも重視され、ちょっとしたぶつかり合いで倒れると観客からブーイングを浴びせられてしまいます。その分、精神的に鍛えられた選手が多く、試合終盤になっても足が止まらないタフさが自慢のリーグです。

世界のサッカーには様々な特色がありますが、Kリーグのようにフィジカルの強さを活かした戦術を取るリーグは今時珍しいと言えます。最近ではスペインのようなパスワークを特徴としたサッカーを志すチームが多く、世界のサッカー観が変わってきていると叫ばれています。

韓国のように昔ながらの迫力あるサッカーを志向するリーグは少なくなってきているため、逆に多くの人が注目する理由となっています。