世界とアジアのサッカーレベル

アジア

古くからヨーロッパや南米地域では、市民レベルでサッカーが根付いてきました。誰もが夢中になってボールを蹴りながらゴールするためにプレーしています。アジア各国においてもサッカーは国民的スポーツとなり浸透してきています。しかし、そのレベルはヨーロッパや南米と比較するとまだまだ進化の途中といえます。世界のトップレベルチームに追いつくために、日頃から絶え間ない努力をかさねているのです。

アジアサッカーの全体的なレベルを引き上げるために、さまざまな国で自国リーグを盛り上げています。より高度なパスやセンタリング、正確なシュートなどを身につけていくために、多くの選手が海外のリーグに移籍して活躍を続けているのです。世界最高峰のレベルに到達するために、これからもアジアサッカーはさらなる発展を目指して切磋琢磨していくことになります。

このように、世界との距離を埋めてさらなる成長を続けていくためには、海外サッカーを取り入れることも大切といえます。