世界サッカー4大リーグのひとつとして人気のブンデスリーガ

ブンデスリーガ

ブンデスリーガは、ドイツにあるサッカ-リーグで、上位クラブが1部リーグとなっており、以下2部リーグと3部リーグの下部組織も存在するプロサッカーリーグになっています。所属をしているクラブチームは1部と2部に18クラブあり、3部に20クラブの56クラブものチームが参加をしている大きなリーグですが、加入条件が厳しく、運営する側も負債を抱える事が禁止されていることから、資金力のある一部のチームを除いては、他の国のリーグのような大きな金額での移籍選手の加入は難しいのが現状でもあります。

世界にあるサッカーリーグの中でも、スペインをはじめイングランド、イタリアなどのリーグと並んで世界4大リーグとしても知られています。以前はドイツのブンデスリーガを除いて3大リーグと言われていましたが、ブンデスリーガの実力が他のリーグと比較をしても劣らない水準になった事もあり、現在のような呼ばれ方になっているといえます。

また、近年では海外のリーグでプレイをする日本人選手が多くなりましたが、以前はさほど多くはなかったものの現在では多くの日本人選手が活躍をしているリーグとしても知られています。サッカーの盛んなヨーロッパの中でも、攻撃的で速い攻守の切り替えは、平均観客人数も他のリーグと比べて多くのファンを集める理由のひとつになっています。