サッカーで重要な役割を担うポジション ボランチ

選手

ボランチという役割があることをご存知ですか?

サッカーにはフォワード・ミッドフィルダー・ディフェンス・ゴールキーパーの4つのポジションがありますが、ボランチはその内のミッドフィルダーのポジションに該当します。

フォワードは攻撃特化の、ディフェンス・ゴールキーパーは守備特化のポジションですが、ミッドフィルダーはフォワードとディフェンスの間に位置し、守備と攻撃の両方に参加する中間的ポジションにあります。そのため多岐にわたる役割がミッドフィルダーにはあります。

その中でもボランチは特に守備に重きを置いたミッドフィルダーです。
ディフェンスのすぐ前にポジションを取り、守備に参加しディフェンスと共にゴールを未然に防ぐ役割があります。しかし時にはチームの攻撃に参加しフォワードにパスを回し共にゴールを狙う役割もあります。そのためボランチは守備と攻撃を行き来する体力と状況を即座に見極めるための幅広い視点が必要になります。さらにボランチは守備と攻撃の起点となりチームをコントロールするための戦術を考える知力といつどの戦術を用いるのか判断する状況観察力も必要なのです。

ボールを追う

ボランチは守備的側面と攻撃的側面を併せ持ったポジションです。

体力と知力の両方を必要とするチームの要であるため他のポジションと比べると万能的プレイヤーがこのポジションを任されており、チームの仲間や監督及びサポーターから厚い信頼を置かれています。