世界レベルのサッカーを目指す

レベル

日本サッカーはここ数年で飛躍的に進化しました。ワールドカップに4大会連続で出場し、世界との距離も確実に縮まりました。しかし、ワールドカップではベスト16の壁を越えられていません。ここに世界との差がまだあります。この差は何なのかと考えてみると、いくつかの要因が浮き彫りになります。一番大きな要因は経験です。日本は世界の強豪と真剣試合する回数が少ないです。

ヨーロッパのチームや、南米のチームは常にトップクラスのレベルにあるチームと試合をしています。ヨーロッパ予選、南米予選、ユーロ、コパアメリカといった真剣勝負を頻繁に行っています。このようなレベルが高い試合を常にし続けることで自然と闘い方が上手くなります。日本はこのような真剣勝負の数が圧倒的に少ないです。

これは日本のサッカー協会の課題とも言えます。二つ目の要因は展開をガラッと変える武器がないというところです。世界トップレベルのチームには、圧倒的な決定力、一人で突破できるスピード、ドリブルを持った選手がいます。日本にはこういった選手が足りないです。