選手がクラブや監督批判・練習拒否をする理由

選手の不満

サッカー選手が何かを批判したり拒否をする行動には、何らかの理由があると考えられています。
例えば自分たちが所属しているサッカークラブを批判する場合、チーム全体に対する不満や運営に対する不満を批判という形で行っているのではないかとされています。またクラブ内で自身の意見が通らなかったりチームの問題点が改善されなかったことへの、監督や運営に対する不満や訴えという形で行われることもあるようです。

またサッカー選手の中には自分たちを支持する立場である監督を批判する人もいるのですが、こちらは自分の使い方に対する不満を訴えていることが多いです。
例えば自分を一度も使ってくれないのにチームが勝てなかったり、自分への指示が結果的にチームをまとめ上げられなかったなど、監督としての能力を批判するという意味で行われている傾向があります。そうして批判を口にすることで、監督にアピールしてもっと自分を使ってほしいと訴えている人もいます。

さらに練習拒否をする理由としては、ほかのサッカークラブへの移籍を希望していて強硬手段として行っているサッカー選手が多いと言われています。
練習を拒否するということは現在のサッカークラブで頑張るつもりはないというアピールですし、移籍を口にしている選手であればそれを拒否する監督や運営側への抵抗の意味で行っている人もいます。この練習拒否を続けた結果で移籍に成功した選手も実際にいるため、ひとつのアピール方法や説得方法として用いられている手法だと言えます。